あにめ


C – The Money of Soul and Possibility Control – 1話のレビュー・感想です。

「お金がほしくないんですか?」
「もっと楽に稼いで見ませんか?」
「飲み会、いけますよ?」
「バイト2つも掛け持ちしなくて済みますよ」
「公務員にならなくたって安定した生活が手に入りますよ」
「もっと素直になりましょうよ」

非常に、人間の心の一番ドロドロした部分にうまくスポットがあてられています。
こういうことを人には言えないし、言われても受け取らない。

それが当たり前である日本において、おおっぴらに言うためにはアニメや映画、小説等のカルチャーに加工していうほかない。

自立しようとしすぎて結局まわりに迷惑をかけている。
バイトばかりにしているのに、飲み会にもいけない。

そんな主人公の前に現れた「金融街」と名乗る変人。
突如振り込まれた50万円。
ひくにひけなくなった主人公。

アントレプレナーとして、自分の未来をかけて金を手に入れるバトルへと誘われる。

面白くなりそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月5日 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ